ホーム>雑記帳>歩きが遅くなったので、山歩きを変える


歩きが遅くなったので、山歩きを変える

1年前にコロナ禍下の山行自粛と脚の故障で歩きが遅くなったことを嘆きながらも、これを少しでも改善し、仲間と一緒に歩きたいと記した。
その1年後の残念な結果を追記する。

1.歩きの遅れは回復しなかった

・中高年としては歩きが特に遅いとは思っていなかったが・・・

 加齢に伴い歩きは当然遅くなるのが、山歩きを56歳から始めた私はトレイニング効果もあり少しずつ早くなるはずだと楽観的に考えていた。
実際にも齢とともに少しずつ歩きが早くなり、好きな露営での縦走では露営用具・食糧を担いで標準コースタイム(山小屋泊まりで、休み時間等を含まない)で歩いていたし、日本山岳耐久レースも完歩できた。
   
・しかし、振り返ると75歳ころには歩きが遅くなる兆候が出ていたようだ

 街中を歩いていて、「もう少しゆっくり歩こうよ」と友人に声をかけ、驚かせた。また 自宅から駅まで15分歩いている間に追い抜かれるようになり、また予定の電車に遅れたことがあった。
 かかりつけの整体師から「股関節が固くなっている」と言われたのもこの頃である。 追い抜かれた人について歩くと確かに足は伸び、歩幅が広い。しかしそれだけではない。脚の回転も速い。講じた対策は固くなるのを遅くするために、股関節のストレッチを追加しただけである。ジム通いを再開しないまでも筋トレを強化するべきであった。

・山歩きで遅れが顕在化したのは、山行記録を見ると77歳である

 毎年歩く雪の八ヶ岳や残雪期の富士山で友人に遅れるようになり、毎年歩いた丹沢主稜1日縦走で私の遅れがチームを敗退させた。
 
・有り難いことに山なかまに応援していただき、やや回復した

 山の会のいつものなかまがさりげなくいつものように誘ってくれ、また、遅れを気にしないようにするためマンツ−マンでゆっくり歩いてくれた。誠に有難いことである。また運よく体調不良の原因が発見され、手術した。
 おかげで毎年登る厳冬期の赤岳にも登れ、ザンスカール・トレッキングやフイテン登頂の海外遠征も歩き通せたし、79歳はこれまでに最も山行が多かった齢でもある。

・しかし、コロナ禍による山行の自粛と脚の負傷にとどめを刺された

コロナ自粛中、ウォーキングで左ひざを痛め、さらに半年のうちに3度も右脹脛の肉離れし、81歳、82歳の2年間満足な山行ができなかった。
回復の度合いをみては裏高尾、奥多摩御前山、丹沢塔ノ岳の日帰りコースをトレイニングを兼ねて歩いているが、下図にみるように82歳を境に急激に遅くなり(標準コースタイムより2〜3割遅い)、成果は挙がっていない。(図は山なかまAさんに作っていただいた。)


2.山行をやめるか

・ヒトは老い、「死すべき定め」にある

 いずれ山歩きもやめなければならない時がくる。山の魅力は山を歩くだけでなく、 @悠然として山を見る、Aなかまと語り、飲み、食べる、B記録を紐解く こともあると理解しているが、そこに落ち着く気持ちには未だなれない。

・市井には高齢でも山歩きを続けている人はたくさんいる

 私より2歳先輩のHP「山岳巡礼」
 (http://www.joy.hi-ho.ne.jp/h-nebashi/profile.htm)
の開設者は、大病後50歳から山歩きを始め、2200余座登頂し、まだ続けている。
 合計163歳の夫妻が八ヶ岳の天狗岳から赤岳まで縦走している報告(ヤマケイ2022年11月号読者紀行)もある。

・山歩きの替わりに何をする ?

 時間は有り余るほどあるが、もともと運動は嫌い、難聴が進行しテレビが聞き取れない、会合が減り酒を飲む機会が少なくなった、独りで飲む酒はかつてほど美味しくなくなった、知識を得るために勉強することはもう嫌である、・・・等で、することがない。80余歳で何か始めるにはもう遅い。
 これでは認知症も進行する。好きな山行を静かに続けるしかない。 

3.歩きが遅くなった現実を受け入れた山歩きに変更する

・歩きが遅くなったことを受け入れ、これを前提の山行にする

@健常者に同行することを原則控える

 遅いということは遅れるだけでなく、1日の行動距離が短くなる。これで健常者に同行することは迷惑をかけるだけでなく、健常者の本来の歩きを損なう。きわめて寂しいことであるが、健常者に同行することを控えざるを得ない。
    
A一緒に行く同レベルの仲間を探すことができれば心強い

 これはなかなか難しい。また、「弱者+弱者」は、危険も倍加する(あるいはそれ以上)のではないかと心配している。

B残るは、危険であり、愉しくないが、単独行しか無い

 幸いなことに、これまでの総山行500のうち単独行は3割と比較的多く経験してきている。海外遠征のアコンカグアもそうである。
 しかし高齢者の山行は行動範囲が大幅に制限されることになる。もっとも残念なことは、なかまとの共感がないことである。
  
・本年7月から山行の態様を次のようにした

@ 原則、単独行とする

 歩きが遅くなっただけでない。バランスも悪くなっており、上述のように単独行は非常に危険であり、山行は大きく制限される。加えて面白くない。
 念のためココヘリにも早くから加入しているし、有り難いことに友人が気をつけていてくれる。

A 日帰り、または露営(無呼吸症候群のため山小舎泊は控えざるを得ない)の頂上往復とする

 露営の場合露営場から頂上を空荷で往復する。原則縦走しない。

B 装備はこれまで以上に軽量化に努める

 筋力の劣化は、これまで通り乏しい金力で補うこととする。コストパフォマンスは極めて低い。

C 予報が好天の時のみ実行する

  時間だけは十分にあるので、「てんきとくらす」と「山の天気」で計画を概定し、前日に「ヤマテン」で確認し、実行する。また現地の天気が予報と異なる場合は中止する、直ちに引き返す。

D 標準コースタイムの3割増しで計画する

 「3割増し」の妥当性については常にチェックし、随時安全側に変更する。

E 歩きのペースを「歩き25分+休憩5分」を維持し、階段は20段で一息つく(シェルパ歩きに倣う)

 その様は次の文と写真に倣う。
 「うしろで手を組み、えっちら、おっちらと外股で急な山道を登っていく・・・完璧に無駄な力の抜けた歩き」(南木佳士「生きのびる からだ」)

           
  
           (「Seneca21St」話題48から拝借)

・具体的には次の山行を挙げている

@ 裏高尾、御前山等近くの山で愚直にトレイニングする

 「愚直」は能力に欠ける者の最後の手法であるが、情けないことにこれを続ける根気も劣化している。

A 山なかまAさんの発想の「超低山逍遥+紅灯の清談」に参加する

 山なかまはロープだけでなく、山談義もつないでくれる。これまた有難いことであり、歩けなくなったら逍遥には参加せず、清談の場に直行する。

B 80歳を越えた友人を案内した赤岳、仙丈ヶ岳、槍ヶ岳を再訪する

 8年前に一緒に登った時に「私も80歳になったら今回と同じように、露営して5合の酒を飲み、赤岳、仙丈ヶ岳、槍ヶ岳を再訪する」と5歳年長の友人に大言している。

C 登り残している山に挑戦する

 近年の目標である、谷川岳馬蹄形縦走をせめて半分でも実行する。
 機会をみて百名山の残り、伊吹山、大台ケ原、天城山、草津白根山を訪ねる。
 歩き残した、新島々〜徳本峠、大日岳、・・・(挙げたらきりがない)を歩く。

4.実行できているか

 7月以降天気に恵まれなかったこともあり、上手く行っていないが、上述の@〜Cの順に略記する。

@ トレイニング 

 僅か1山行のみ

A 「超低山逍遥+紅灯の清談」

 数回の試行の後、軌道に乗りつつある。
 低山からの眺望だけでなく、下山口で酒+寿司流しソーメン海鮮盛中華料理での清談を愉しんでいる。

B 「80歳で赤岳、仙丈ヶ岳、槍ヶ岳」

 赤岳 80歳の厳冬期にすでに登っていたことで代替する。
 仙丈ヶ岳 83歳 7月下旬に北沢峠に露営し、往復した。
コースタイムは偶然であるが標準コースタイムの「3割増し」とまったく同じで、また、7年前の秋田の友人のコースタイムと比べても遅い。本番になれば少しは速く歩けると高を括っていたので、正直なところがっかりしている。
 途中、高齢者から2度声をかけられた。エールの交換でなく、小さな声で年齢を交換した。78歳と76歳である。これは嬉しい発見である
  槍ヶ岳(上高地〜ババ平(露営)〜槍ヶ岳往復) 未(初雪前に3日間の好天がなかった)
 代替に10月下旬に往復の標高差に大差がない蝶ヶ岳を往復した。ここでは標準コースタイムの「2割増し」である。さて、来年登れるか??

C 「登り残している山」

  谷川岳馬蹄形縦走をせめて半分 未
  百名山の残り、伊吹山、大台ケ原天城山草津白根山 一応、了
  歩き残した、新島々〜徳本峠、大日岳、・・・ 未


 以上が、1年後の残念な結果である。次の1年後に再度残念な結果を記したくないと願っているが、さてどうなるか。これも山歩きの愉しみの一つとするか。


 (山なかまシリウスHPにサイトアップされた(令和4年11月))


寄せられたコメント


 拝読しました。
 これは高齢になってこれからの山歩きをどうするか、山歩きを止めるかどうか悩む登山者にとって役に立つ大変よい文章です。
 中道さんは一緒に歩いてくれる山仲間が沢山あって羨ましいです。
 私は60歳を過ぎた頃から体調不良を感じ、これまで通りの登山はできない、登りたいと思っていた山は幾つか諦め、まだ登れそうな山を選んで登っていました。 80歳の頃から脚の筋肉の衰えを感じ、もう山登りは出来ない、山から離れるのは寂しいので、山麓のトレッキング、高尾山程度の低山ハイキングは続けようと思っています。
 ついでながら昔学生時代に考えていたことは「齢を取って山登りできなくなったら、穂高の山を見に上高地にやって来て、帝国ホテルに泊まりたい」というものでした。そんな齢になりましたが、帝国ホテルに泊まるのはやはり高い。気持ちの良い山小屋が幾つかありますからこれで十分です。
(KUWV部2年後輩)


 Thank you so much for writing and I'm very happy to hear that you are well, and that you're still walking in the mountains, even if it's a little bit slower now - that's quite alright for a man of your age. I hope that I will be able to do the same when I get to your age in a few more years...
(79歳の時に国際公募隊でフイテンに登山した仲間)

(雑記帳に戻る