ホーム>日本の山々>近くの山>御前山


御前山

トレイニングの場を裏高尾山から奥多摩へ移した。
さて、標高が大きくなったことに耐えられるか?

令和3年10月24日(日) 晴れ、少し風があり、冷たい

天気予報を見てアンダーシャツ、シャツ、ズボンを冬山用にし、軽羽毛服を着た。
多摩モノレールの1便に乗っても登山口に着くのに約3時間かかる。
奥多摩駅からのバスは立ち席である。
奥多摩湖で10名ほど降りた。

一昨日調子が悪くなったGPSがすべてのデータを消して使用したところ、正常に戻ったようである。
誠に有難い。

7:45(GPS標高477m、以下、同じ) 旗001 発
直ぐ急登。いつものことであるが皆さんに抜かれる。
マイペースで、しかし休まないで歩く。

9:07(940)旗002 サス沢山


ここの眺望は見事である。


落ち葉を踏み、急坂を登る。
10:33(1342)旗003 惣岳山

10:58〜11:23(1405)旗004 御前山



ベンチに1組ずつ座り、食事を摂っている。

ここの眺望も素晴らしい。
カラマツは少し黄色くなり始めている。


ここからは日本山岳耐久レースでもっとも苦労したところ。
今回はその再現。
この数年の豪雨で路が抉れている。
加えて小さな上り下りがきつい。

12:05(1170) 旗005 クロノ尾山
12:28(1142) 旗006 鞘口山
を経て
12:58(987) 旗007 オオダウ



ここからの登りも降りもつらかった。
枝打ち、間伐された美林に花。



段差の粘土で滑り、段差の横材で背中を打つ。
幸いザックがクッションになったが痛む。

休むことなく歩いて
15:36(339) 旗008 奥多摩駅

電車を待つ間、課題のコースタイムをチェックした。


            230606 290826  20721 21222 

・サス沢山、惣岳山への登りは、10年前、1年前に比べ遅い(20721はあまりにも悪すぎ、比較の対象ではない)。
 これからトレイニングが必要。
 
・「御前山〜オオダウ」はまあまあか。
 しかしすべての人に抜かれた。

・「オオダウ〜奥多摩駅」はいずれもひどく悪い。
 今回も楽ではなかった。
 山の便利帳は速すぎる感じがするが、しかし皆さんは飛ぶように降りて行っている。





(令和3年10月24日 記)


表紙に戻る