今、山へ>人生の第3期に山歩きを愉しむ


人生の第3期に山歩きを愉しむ

1.どのような山をどのように歩いてきたのか

(1)54歳 山小舎をもつ 
(2)56歳 気儘に八ヶ岳を歩き始める
(3)58歳 真似し、習い、山歩きが広がる
(4)64歳 ヴァリエーション・ルートへ
(5)66歳 氷河の山へ
(6)68歳 日本の原風景の山へ
(7)山歩きはどのように広がったか

2.山歩きにどのように備えてきたのか

(1)真似る、習う。しかし、一人前にはなれない
(2)体調を整え、幸運にも健康で長生きできた

3.なぜ、山歩きが愉しいのか

(1)なぜ山を歩くのだろう
(2)山は日本人の原風景である
(3)老後でなく、人生の第3期にいる
(4)山歩きは人生の第3期に向いている

4.いつまで山歩きを愉しむか

(1)自ずと限界がある
(2)老いの証―歩きが遅くなった
(3)老いと付き合う 

5. 海外のどのような山をどのように歩いてきたか

(1)海外の山歩きには新たな備えが求められる
(2)高度順化に腐心した
(3)海外山行を寸描する
(3−1)アコンカグア、デナリ、チョー・オユ、ワスカラン、ピレネー
(3−2)ムスタグ・アタ、イリマニ、グランド・テイトン、エルブルース、レーニン峰
(3−3)コロラド14ers、ザンスカール、フイテン



(表紙に戻る