今、山へ>中高年の山歩き>1.中高年登山とは何だ>1.3いろいろな山歩きがある


1.3 いろいろな登山がある 

・用語が整理されていない

 次のようにいろいろな行動で山に行く。
 物見遊山、ピクニック、ハイキング、トレッキング、
 ピーク・ハント、縦走、積雪期、厳冬期、クライミング(岩、雪氷、ミックス)など。
また、山に入る季節により
 夏山、冬山、積雪期、厳冬期、残雪期など、
日数、宿泊形態により、
  日帰り、小屋泊まり、露営、ビヴァークなど
プロの世界では
 アルパイン、極地法など
いろいろある。

 国によっても異なるようである。
 積雪期、厳冬期の区分は外国にもあるのだろうか。
 アメリカ英語のtravel, scramble、 mountaineering にどのような日本語を当てるのか分からない。
 スペイン・ピレネー山脈を彷徨した時に気づいたことであるが、
トレッキング・コースには次の写真のようにきちんとした案内標識があった。

 

しかもトレッキング・コースであるにもかかわらず、岩登りのサインがある。
そんなはずはないと先に進むと本当に岩場が出てき、そこにはロープが使いやすいように支点が整備されていた。

 

  一方、トレッキング・コースでないところには案内板もないし、支点も整備されていない。
  (http://imayamahe.world.coocan.jp/hyoushikaigai/tougoupirene/p11/p11.html)

 後年訪ねたアメリカ合衆国のロッキー山脈でも同じであったから、世界では一般的なことであるかもしれない。
 
 この流儀で行くと、槍・穂の一般縦走路は支点が隠れる積雪期以外はトレッキング・コースであり、
「登山」でなく、「トレッキング」と呼ばれることになる。

 総務省社会生活基本調査に用語「登山・ハイキング」があるので、
担当官にその範疇を問い合わせたところ、この項については回答者の判断に委ねているとのことであった。

・登山の系譜

 日本人は古くから山を歩いていたようである。
江戸時代の富士講、大山講、御嶽講、それに名を借りた旅行も,その例であろう。

 冒険的・探検的行為により植民地及びその富を確保した英国においてパイオニア精神の基づくアルピニズムが発達した。
これが明治時代に輸入され、一部の恵まれた階層によりいわゆる近代登山が始まった。

 小泉武栄先生によると  (https://www.ntt-card.com/trace/backnumber/vol03/)
1956年のマナスル登頂を機に、第1次登山ブームが起こり、ひたすら高みを目指す本格登山派がいる一方、
軽装で自然を楽しむことを目的とするレジャー登山を行う人も徐々に増えて」きた。
「1980年代には週休2日制になったことや、マイカー増加に伴い、登山人口は増えていき、・・・
バブル期に一度登山者の数は減ったものの、90年代前半には深田久弥氏による「日本百名山」が話題となり、
中高年を中心とした第二次登山ブームが起こ」った。

・登山の難易度

 登山者に体力や経験に合った山を選んでもらうために、長野、山梨、静岡、新潟、群馬、岐阜、栃木の7県で
648のルートのグレーディングが公表している(2017年8月7日 読売新聞)。

 

 これは前述したトレッキング・コースの難易度と理解すべきであろう。
 
 岩登りについては、「フリークライミングが日本に伝わったときに、デシマルグレードも一緒に入ってきて、
日本ではそのまま使用している。「クラス
1」は、ハイキング程度。「クラス2」は、岩稜歩き。「クラス3」は、
時々手を使う岩登り。「クラス4」は、簡単な岩登り。「クラス5」は、フリークライミング。
「クラス
6」は、エイドクライミング(人工登攀)である。「クラス5」はさらに細分化されていき、5.25.9とあり、
さらに
5.10からは5.10a5.10dとアルファベットがつくことになり、現在では5.15cが最難易である。

http://lance2.net/tozan/z516.html)

 


                        


(平成30年4月19日 記、6月16日 修正)


(目次に戻る)      (次へ)