ホーム>日本の山々>八ヶ岳>天狗岳


天狗岳

先週帰る際、今週の山なかまシリウスの天狗岳山行に備えて、山小舎「山花開」に装備一式置いてきた。
加えて来週末の冬山訓練の共同装備を持ち帰る必要がある。
その結果、2週続けての山小舎に行くこととなった。
加えて天気が珍しく良いとの予報である。歩かない手はない。急遽天狗岳に出かけた。

令和2年1月24日(金) 晴れ・曇り

同行のTさんにJR片倉駅で合流し、乗せていただく。

近づくにつれ、八が岳が美しい。


八ヶ岳PAから


ふるさと農道八ヶ岳ズームインから


広域農道エコーラインから

早めに夕食を摂り、極めて早く就床。

25日(土) 晴れ

4時起床
インスタント食事
6時前に発。
渋御殿湯の玄関先には駐車待ちの車が多数。
いつもながら対応の感じが良くない。

登山届を投函し、橋を渡ると、凍結しているので、
場所を選びアイゼンを着け、

6:55(標高1769m,GPS標高。以下、同じ) 旗248 発
すぐ雪道になり歩きやすい。

7:14(1945) 旗249 高見石への路を分ける。
一呼吸し歩きだすが、きつく,Tさんに遅れる。

7:50(2127) 旗250 八方台からの路を合わす。
ここで私の体調が悪いので、
 Tさんに先行するように
 私は黒百合平まで歩き、そこで待つ
 念のため、頂上往復は中山峠を経由する
ことにする。

8:24(2201) 旗251 唐沢鉱泉からの路を合する。
休まない。

9:16(2401) 旗252 黒百合平
ゆっくり食事を摂る。
退屈なので、下山するTさんと合流する点まで歩くことにする。
稜線に出ると、風はさほどでなく、眺めがすばらしい。
Tさんに遇わない。

10:41~10:54(2646) 旗253 天狗岳
Tさんは、私の姿が見えたので、待っててくれた。有難いことである。
(後で整理すると19分遅れであった)

今日の眺めはなかなか良い。
写真を撮りまくるが、いい写真はない。





一緒に降りる。

途中で穂高が近づいてように思えたので、もう1枚。


11:59~12:09 黒百合平 食事を摂る。

登山者が多い。
今夜はヒュッテは大賑わいであろう。

12:43 唐沢鉱泉への路を分ける。
12:59~13:07 八方台への路を分ける。
13:44 渋の湯

体調が良くないにしては登り3:46、降り3:03 はそれほど悪くない。
落ち込まないで歩きを重ねることにする。

渋滞にも遭わず、順調に帰京。
Tさん、運転ご苦労様でした。





(令和2年1月26日 記)


(表紙に戻る