い甘、山へ>日本の山々>遠くの山々>尾瀬ヶ原


尾瀬ヶ原

子供が小さいころ夜行バスで鳩待峠に行き、尾瀬ヶ原で露営し、
沼山峠に抜けたことがある。
この時登らなかった至仏山と燧岳を紅葉の時期に訪ねることとした。
露営で同行はない。

平成19年10月5日(金) 晴れ

新宿を朝のバスに乗り、鳩待峠へ。
至仏山から山の鼻への下山道は一般には使えない。
至仏山まで行き、登り登山客が無いようであったらこれを降り、
そうでなければ峠まで戻ることとし、まず発つ。
露営道具を持っているとまことに気楽である。

12:54 発
1組すれ違った。金曜日でもあり、登山客は少ないようである。

紅葉はなかなかいい。



14:18 悪沢岳分岐
14:47 小至仏山



15:22 至仏山



登山者は無いようであるので、山の鼻に降ることにする。

16:15 EL1800



17:10 山の鼻
露営場を登録し、アルコールを求め、ゆっくり飲む。

三日月で満天の星が美しい。
しかし相当に冷え込み、寝袋カバーだけで寒くて寝れない。

6日(土) 晴れ

霜が相当に降っている。
寒いので早々に朝食を摂り、
4:40 発
木道が凍っており、2度も尻餅をつく。




6:00 竜宮十字路

6:30〜40 見晴十字路
見晴新道を採る

9:50 燧岳


展望がいい。



10:30 長英新道を降る。


12:30 長蔵小屋



13:20 三平峠
14:13 一ノ瀬休憩所
これから長く感じられた。

15:10 大清水休憩所

バスの便もよく
20:10 新宿着


(平成25年1月26日 記 途中)


(表紙に戻る)