ホーム>日本の山々>近くの山々>丹沢主稜縦走


丹沢主稜縦走

Net山岳会HALUの山行に参加した。
メンバーはAさん(L)と私である。
2年前のこの山行に参加し、私の体調不具合から檜洞丸で敗退したこと、
今年も体調を整えることに苦労していることから、
途中から戻る、あるいは途中で山小屋に泊まることが有り得る、
その場合はAさんは独り先行する約束で参加した。

ヤマテンの天気予報は若干好転し、曇り・霧である。


令和元年5月31日

夕食後、秦野駅でAさんの車に乗せていただく。
西丹沢の駐車場は空。一番奥が平らであるので、ここにとめる。

早々に就寝。良く寝た。

6月1日(土) 曇り・霧

4時起床。用意のおにぎりの朝食。
4:29(GPS標高531m、以下、同じ) 発
いつもの川原の路は、出水で荒れているのではないかというAさんの判断で採らない。

5:23(753) ゴーラ沢
前回はここから体調が悪くなった。服用した葛根湯の発汗が原因のようだ。

ツツジ新道の今年はシロヤシオ、ミツバツツジ共に花が寂しいが、稀に代表してか満開の樹もある。





有り難い。
新緑も多彩で美しい。


6:25(1071)
7:20(1405) いずれの展望台も視界がきかない。

7:57(1601) 檜洞丸
前回はここまで。

ストレッチをし、前に進むことにする。
8:41(1327) 源蔵尾根合流
9:14(1267) 神ノ川乗越
を経て
9:54(1460) 臼ヶ岳
カモシカ山行の約10名のチームに遇う。職場を同じくし、毎年実行しているとのこと。
真夜中12時に大倉を発ち、これから西丹沢に向かう。
この辺りですれ違う登山者は並べて疲労が濃い。もっともきついところのようだ。

登り20分の声に励まされて頑張り、
11:29(1673) 蛭ヶ岳。これで第二関門を突破でき、ゆっくり休む。
ここからは人通りが多くなる。
鬼ヶ岩の登りも20分の登りを頑張り、12時40分東屋で休み、また20分の登りを頑張り、
13:36(1567) 丹沢山

ここからさらに人通りが多くなり、速足の(私が遅すぎる)トレッカーに路を譲るのに忙しい。
10分の登りを頑張り、
14:57(1491) 塔ノ岳。富士山は終日見えなかった。寒いので、長居しない。

ますます人通りが多くなり、各山小屋とも賑わっている。明日のボッカリレーの準備のためらしい。
17:53(313) 大倉着。
途中離脱も有り得るとしていたが、Aさんの励ましで完歩できた。

今回の完歩は、次のように特別に嬉しい。

①足腰に不具合があるが、累計標高差2200m、距離25kmを歩き通せた。
  
②所要時間も 4年まえの11時間42分、3年前の13時間18分と比べて
  13時間24分はまあまあである。

③傘寿最初の山行が好結果であった。
  もうしばらくは山歩きできそうである。




                                        


(令和元年6月2日 記)


(表紙に戻る)