ホーム>日本の山々>近くの山々> 御岳山


御岳山

恒例の御岳山初詣は今年で7年目である。
おかげで家族揃って健康である。有難い。

元旦から夏のアルプス行に備えトレイニングを始めている。
この山行では休まないで歩くことにした。

平成31年1月11日(金) 快晴

8年前と2年前に歩いているコースである。しかしほとんど覚えていない。
日向和田駅到着時刻も同じである。
登山届投函箱がない。駅で人待ちしている地元の人に尋ねると、ここにはないとのこと。
前回はどうしたのだろう。

7:05 発
7:25 登山口の鳥居をくぐる。急登である。
8:05(GPS標高479m、以下、同じ) 旗090 金毘羅神社




しばらくして大室山の登り。ここは案内板に従い巻道を採る。
丹沢と比べて奥多摩は巻道が発達している。これは私には有難いことである。
8:30(623) 旗091 二俣尾駅からの路が合する。
左下直下に林道が伸びてきており、これが北からの林道と
8:45(632) 旗092 梅野木峠 で合する。


これからも道は尾根の南側を巻いている。
日の出山直下で巻道を採った。これは遠回り。
9:40(826) 旗093 金毘羅尾根への路を分ける。

9:52〜10:07 (902) 094 日の出山
この眺望を独り占め。

丹沢



富士山は少し見えたが、撮影に失敗。
御岳山



そして奥多摩の山々


軽く口に入れ、御岳山へ。
10:22(770) 旗095 金毘羅尾根への路に合する。
時々ハイカーに遇う。

珍しい注意事項があった。2つ目である。


アメリカ合衆国コロラド14ersのSnowmass Mountainで次の注意には驚いたが、
日本の山では初めてである。



注意の第1に
「おだやかな風でも樹が倒れてくる」
とある。

10:55(928)〜11:20 旗096 御岳山

拝す。


お札を納め、家族全員にそれぞれいただく。

2年前に道路工事で登山路が分かりにくかったことから、
また陽射しが心地良いので尾根道が愉しそうなことから
大塚山を越えて古里駅に降ることにする。


11:58(920) 旗097 大塚山

 御岳山

少し口にし、枯れ葉の積もった道を転ばぬように注意しながら降り始める。
きわめてバランスが悪い。

ここからも人に遇わなかった。



12:35(674) 旗098
尾根を外れる。長い。



13:25(297) 旗099
見覚えのあるイノシシ柵のゲートへ。
そして
13:39(295)旗100 JR古里駅

日の出山、御岳山、大塚山以外では休まなかったが、歩きが遅く、これまでより時間を食っている。
さてトレイニングでどこまで回復できるか !!





(平成31年1月11日 記)


(表紙に戻る