今、山へ>海外の山>ザンスカール縦横断トレッキング・ストックカンリ登山 記録>2 高度順化


2 高度順化

(1) 今回の課題

 次の3つである。

@ザンスカール遠征を特に意識してのことではないが、結果としてこの冬は調子が良く、よく歩いた。
 春まで入れると 15回になる。
 これが富士山のころになると体調が良くなく、特に歩行中に立ち止まると立ちくらみし、SpO2も低く、

 慎重な高度順化が必要である。

A富士山に登ることが本当に効果があるのか、確信するデータを欠いている。
 (http://imayamahe.world.coocan.jp/hyoushikoudo/4fujisann/4fujisann.html)
 
B昨年整理した、これまでの各山行における標高とSpO2の関係を加齢から見ると
 (http://imayamahe.world.coocan.jp/hyoushikoudo/3karei/3karei.html)

 一部に変動があるものの、太宗として加齢によりSpO2は低下している、
   (図において左方向、または下方向はSpO2の低下を示す。)
 特に標高4500m以上ではこの10年に1000m相当分低下している、
    (10年前には5500mSpO2値が、現在では4500mSpO2値となる)
 活動の限界であるSpO2 75値の標高は1500mほど低下している、
 ・増山茂報告の2800m4800mの範囲内で見ると
  この3年の山行のSpO2は下回っている。

 この傾向が今後も持続するものかどうか確認したい。

(2) 今回の高度順化計画

・空港は、標高(以下、しばしば「標高」の記述を省略する。)3500m、
 近くではLehが低いので、初日はここに泊まる、
 高度順化第1日から少し高いStokに移るが、ここで
  第1日4000m、第日4500m、第3日5000mに高度順化する、
 ことと計画した。

 しかし,Leh到着までに仮眠しかとっていないことから、
  第1日はLehのホテル周辺,Stokのゲストハウス周辺の散策
  第2日は500m上げて4150mまで
  第3日はさらに500m上げて4650mまで、その後車で5000mまで上がる
 ことに変更した。

(3) 実行

7月9日(日)
 Xさん(以下、敬称を略する。)と合流し、手続き。
 重量22.9kgと7.2kg。Through,Transitの扱い。
 ipad(パスワードはANAカウンターで教えてくれた)を開くと、池田さんからメール、すぐ返信。
 機内のWIFIは3時間17ドルと高いので、利用しない。
 18:10発、23:50着の便。時差3時間半。

7月10日(月) 晴れ
 着陸が少し遅れ、バス移動となったが、入国審査、税関は円滑。
 しかしThroughの荷物を受け取ってくれない。
 $100=Rs5900で両替し、椅子で待ち、2時過ぎにチェックイン。
 広く、立派な空国の搭乗口に移動し、ベッドタイプのソファーで仮眠。

 6:55〜8:20の便
 すぐに右に山。




 すぐ雲の中。
 すぐに左に山。いずれも同定できない




7:50 到着
荷物を見つけ、混雑の中を抜け、名札をかかげる運転手を見つけ、
8:35 ホテルOmasila(3525)へ。
後日伺ったところによると、天候が安定するのは午前中。この時間帯に到着も出発も集中するとのこと。

いい部屋で、シャワーのお湯が出る。
標高3532m、SpO2 86,脈拍 85(86/85と略記する)


昼前,NEO-LADAKHの皆さんが家族連れでお見えになり、再会を喜び、打ち合わせをし、
10:50 
街中等を案内いただき、渡渉用サンダルを購入した。

午後Xと街に出て、両替($100=Rs6100)、本屋、軽い昼食、散策。
夕陽にラダック山脈が輝く。


ホテル入口にいた猫。その後猫を見ることはなかった。

                     

                                          

7月11日(火)晴れ、曇り、小雨

起床 90/56 ストレッチ 寒かったが熟睡 快調
今日は忙しい。
 まず仏舎利の階段を昇る
 Stok村のゲストハウスに移動する
 Stok村の周辺を歩く


ホテルの庭からラダック山脈を観る。


山を拡大すると


仏舎利は結構険しい。


8:00(3480) ホテル発
8:09(3540) 仏舎利入口(3540)




Leh,Stokの向こうにストックカンリ連山が見える。
593段を昇り、仏舎利へ。
85/73


 

日本との由来が記してある

Lehを見下ろす。



10時に予約の車でStok村へ。
10:30 NEOーLADAKHのスタンジン・ワンボさん・池田悦子夫妻が経営するゲストハウス
(にゃむしゃんの館)へ

懇談、昼食、整理後、歩きへ。
2:13(3644)発
適当に川の上流に向かって河原を歩く。
左岸に歩道があるのが分かるが、渡れない(橋が流れたとのこと)

3:01(3725) 小雨が降り出したところで、
82/90

戻る。
93/73



就寝前 89/61

12日(水) 晴れ、曇り、小雨

良く寝た方か。
90/54

今日はトントンラ峠まで高度順化、ワンボさんがガイド。

8:11(3536)
先日と異なり手前の恒久橋を渡り、登山口を通る。
ずっと左岸の登山路行く。


9:26(3769)
登山路は河床に降りる。これは分かりづらいところ。
だんだん谷が深くなる。


10:42(3961) チョンマ(樹という意味。村人は伐採しないで、保護している。)


まもなく茶屋。ここは通過。


奥の集落への道を分け(4066)、


河床を渡り、登りにかかる。

11:35(4134) トントンラ峠
90/83




花を撮ると、フラつく。

 

 

 

 

12:00 下山
途中、野生のシカの群れ、雷鳥もどきの鳥を見た。
ユキヒョウもいるとのこと。


7月13日(木) 曇り、小雨

84/61

今日はKharduga Pass(5359m)の道路を4150mからSouth Pulu4650mまで歩き、4650からは車に乗り峠まで行く。
入域許可証はNEOーLADAKHが取得済みである。



 

9:13 発
10:11(4173) 旗048 ここで車を降り、歩き始める。
車はSouth Pulu4650mまで先行し待つように話したが、私達に着かず離れずで運転していた。





時々shortcutしたり、車の乗らないかと誘われたり、あるは立ち食いの仲間に声かけられたが、
ただただ黙々と歩く。

13:38(4657) 旗050 South Pulu
茶店があり、簡単な昼食を摂る。
運転手は許可証の提示に事務所に行く。

どうも斜面崩壊が起こり、除去作業が行われているらしく、
降りてくる車はないし、逆にUターンして降ってくる車がある。
14:07 行けるところまで行くこととする。




14:19(4926) 旗053
渋滞の後尾も見えるし、崩壊も現れたので、ここでUターンし戻る。
目標の5000m近くでもある。


ゲストハウスに戻り、トレッキングのための装備の準備。
少し頭が痛い。
88/67

夕刻、虹が出た。幸先が良い。


(4) 高度順化したか

・高度順化したかどうかは16日にSenggeLa Pass(5000m)を無事越えることができるかにかかっている。
 これを無事越えることができ、その後の峠越えも支障を生じなかった。

・これはSpO2の推移からもよく分かる。



 まず80を維持できている。高度が上がってもそれほど低下していない。
 増山茂よりも高いし、富士山の4度目より高い。

・また体感した高度障害はふらつき等きわめて軽い。



 なお、ダイアモックスは携行したが服用することはなかった。

(5) 富士登頂は効果があったか


 判定するのは難しい。
 しかし、富士山の会を重ねるごとにSpO2が改善したこと、また現地に入りさらに改善したことを考えると、
 効果があったと言える。
 今後とも踏襲したいと考えている。


(6) 加齢とともにSpO2は劣化するか

・このことについては劣化することをデータが示していた。
 (http://imayamahe.world.coocan.jp/hyoushikoudo/3karei/3karei.html)
 しかしこれまでの図にザンカール例を追加すると、反転している。
 加齢とともにSpO2は必ずしも劣化するわけではない。
 丁寧な高度順化は劣化を改善することができる。これは有り難い発見である!!



(表紙に戻る)                                                                      )

(平成29年8月6日 記、 同13日追加修正)