今、山へ>ピレネー>2 記録 (5)古希最初の登頂―Aneto


(5)古希最初の登頂―Aneto

 Javierのすばらしい動きと体力はAconcaguaで見ているが、その後大病をし、アイゼン・ピッケルも
使っていないという。
またスペインの山歩きの流儀も分らないうえ、ガイドブックにはロープが必要と記されていることもあり、
ガイド登山とした。

 24日閉店間際にガイド会社を訪ねたが、25日は無理(当たり前)で26日(金)を予約した。
朝4時に出発し、1日で往復し、装備(ハーネス、アイゼン、ピッケル等)、保険込みで260eである。

 25日20時にガイドAlberto(英語を話す、海外にクライミング等に出かけている、誠に感じが良い)に会い、
ルートを地図で確認し、装備を確認し(耳当て、羽毛服を指摘されたが、説明し了解)、
水1.5lを携行することを求められ(私には多すぎるが、同意)、
ゆっくり歩くが、2時間は休まないことに同意した。

 26日前夜来の雨で、雷鳴のなか4:40にガイド会社に行く。今日、明日は天気が悪いので、今日は中止。
明日は天気予報で判断することになり、ホテルのベッドに戻った。

 27日、天気が回復した。
4:40に集合し、ガイドの車で登山口駐車場(1896)へ。数日前からの駐車ですでに満杯状態。
5:30 ヘッドランプを点けて出発。Refugio de la Renclusa(2140)に宿泊していた先行者の光が見える。
6:11 Refugio、数分休む。
8:03 2900で数分休む。

 陽が昇りはじめる

 Pico del Portillon Superionの乗り越し(岩場)でアイゼンを外し、雪面に下りてアイゼンを着ける。
ここからのAnetoのすばらしさに息を呑む。

 単調にトラバース気味の登りにAlbetoは、
「休まないでゆっくり歩く、後ろから追い上げる者は脇を通るので、譲る必要はない」と言いながらも、
天候待ちした登山者で頂上直下のPico de Mahomaが渋滞しないうちに通過したい気持ちからか
歩きは早い。

8:50 3040の大岩で10分休む。北方にピレネーが美しく重なっている。

 乗越したPico del Portillon Superion

 北方にピレネーが重なる

 Anetoは近い

9:35 Colloado de Corones(3208,Refugio de Coronesからのコースが合流するところ)で数分休み、
ストックをピッケルに換え、急登する。

 Pico de Mahomaでアイゼンを外し、ハーネスを着け、8mmロープで短く確保される。
日本なら鎖場であろうが、支点もない。
杉坂勉ガイドから聞いていたとおり、たくさんある岩角で確保している。

10:20 頂上
少し雲が出てきたが、眺望はすばらしい。古希を迎えてから初めての頂上であり、
誠にありがたいことである。
Albertoは通常6時間のところを4時間少しで登れ、これで昼食を自宅で摂れると悦んでいる

 

                   Aneto頂上からの眺望

 

10:45 下山にかかる。

11:10 Collado de Corones、ここからIbon del Salterillo (池はまだ雪の下)を目指して雪渓を真北に下る。
トレースもなく、誠に気持ちが良い。



11:58 さらに残っている雪渓を上手に選びながら(これはガイドにしかできない)放牧地まで下り(2510)、
アイゼンを外す。



放牧はまだであるが、昨年の牛の糞からキノコが出ているのには驚いた。


ここからの下りもAlbertoが上手く牛の通り道を辿る。花が美しい。

 

 

 やっと谷まで降りると小川が流れ、花が咲き、家族連れでピクニックを愉しんでいる。
靴を脱いで、小川を渡り、



草の上に座りAnetoを見上げると私達の降りたルートが広がっている。


 この下の滝は驚きである。直下流で水も川も消えている。



花を撮りながら、Albertoの後を追い、



14:08 駐車場に着き、今朝歩いた道を見上げる。



 登りもさることながら、下りはすばらしかった。


表紙 に戻る    (7)ガイドに勧められたPico de Araguelles に進む